宮崎 コテージゆすの木(古代からのメッセージ)

かって、古代人の人々の関心は、刻々と変幻する自然の姿にあった。轟く雷に恐れおののき、降る雨に天の恵みを感じ取っていた。森羅万象を支配する目に見えない大きな力に平伏し、神々の住む遠い異次元へ豊かな思いを託したものだった。古代の人々にとっては、自然も宇宙もひと続きの「生命」を育む、深遠な世界であった。 そして素晴らしい生命を持つ方達にいま出会っている。そして古代にいた現世の宮崎の美女達。彼らのマナーの良さは古代からの引継ぎなのだろうか?昨日の皆様、有難う御座いました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大きな幸福上げられへんけど小さな口福上げられる。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください