宮崎コテージゆすの木(ラポール・・魂の神秘的関わり)

自然、人の関わりの回路を構築する上でイメージ又は、深層心理が、何らかのたましいとして伝達されるときがある。ただうれしいと思える時には、ただうれしいだけで、当然なんの弊害もない、すねているという点でも同じでも、どの方面で感情移入できるかは、かなり個人差のある気がする。楽しみ、悲しみ、怒りや喜びも相互の感情の交流による信頼関係で成り立つのだろうか、犬のオセンには人間と同じ「ラポール」を感じる。日本の先人たちには、教育から人との関わり、建築すら、多くの「たましい」があった。そして、明日青島太平洋マラソンに御参加の皆様、御到着順に掲載させて頂きます。日本人が持つ「負けじ魂」「つらだましい」で頑張ってくださいね。そしてディナーに来た笑顔の素敵女性達も

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大きな幸福上げられへんけど小さな口福上げられる。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください