宮崎コテージゆすの木(BBQの夜の現代の神話)

意識の次元でもそうだが、とくに無意識の次元では、人間は円を大変好んできた。すでに旧石器時代の遺跡から、車輪の形をした絵が見つかっている。おそらく2万5千年から3万年前のものらしい。円えの人類の歴史は限りなく、マンダラ「魂の像」または「内的な像」でもそういえる。焚き火の円が心の縁をつくる。そう彼らの協同作業の焚き火、見ていて心からの幸せを願う。
遠い京都から有難う御座いました。
そして、シンガーソングライターのMamiさん達の、この地球の円の中心に、心の灯火が見えている。
Mamiさん,日本の苦難のこの年、魂が響く心の燈を歌いに来て下さいね。
詩・Mami
「燈」・ともしび・
赤い火を燈した 炎を囲んで 暗い夜にぼくらの影を映そう  いいよ 、今 泣いて 辛かっただろう 肩の荷物  全部  そこにおろして
こっちにおいで  濡れた体  温めよう  いいよ  今は泣いて 辛かっただろう  きみにの中に 宿る  赤い燈  消えないように 今夜はここで  温まろう ♪

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大きな幸福上げられへんけど小さな口福上げられる。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください