宮崎県cafe&レストランゆすの木(そのプロセスが建築)

人を理解するには自分と違うとゆうことを理解する。そう、視点が多様な人は、その人と同じ視点が理解できる。まだまだ人として勉強が必要。ゆすの木の料理長はだいぶん先に大人としての成人式が来る。今は、その日が待ち遠しい。未だ10代の青春真っ盛り。彼女はいまや、異国の地、この宮崎で建築運動体、完成しないことも愉悦。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大きな幸福上げられへんけど小さな口福上げられる。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください