宮崎コテージゆすの木(蛍ドームとしての挑戦)

南アフリカにおいて、バーナード博士が初の心臓移植手術をおこなったのは1967年のこと、衝撃的なニュースが伝わって早40数年、心臓のそれはすでに何千例となる、しかしながら、もはや治療法として確立している角膜や腎臓は別にしても、臓器移植には法律的、宗教的問題がついてまわるらしい。そのことが、人類の踏み込めない厳然たる聖域を形成してきた。しかるに1987年9月12日、メキシコシティはララサ、メデイカル、センターで、ついに脳の組織移植が行われ、医学の行く末を提示する重要なエポックとなりうるのか。大阪からきた彼ら、医大生のこれからの最前線医療に期待します。有難う御座いました。再会を楽しみにしております。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大きな幸福上げられへんけど小さな口福上げられる。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください