宮崎コテージ ゆすの木(ひとりひとりのバランス)

「数寄屋」、すなわち非対称的に造られた小屋には、不完全性ゆえの崇拝がこめられている。でも、ゆすの木の「好き家」と言う語は、ある個人の美意識にかなうように造られた建築というニュアンスを含んでいます。さあ、どう変わるか?宮崎の田舎も「空き家(すきや)」も多く、空虚は万物を含み、主題はたえず変化を望み、新しい世代がくることを望んでいるようにも思えます。連泊での演奏も中心となる要素が見えはじめています。有り難うございました。
soedasama2kurisusoedasama1hirosimakurisutosiakisama3

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大きな幸福上げられへんけど小さな口福上げられる。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください