宮崎コテージ ゆすの木(宮崎の旅は家族の子守唄)

ゆすの木で普段のまかないの地域に根ざす料理はレストランでは食べれない。見栄も悪く調理の手間も簡単。食材の選択は宮崎は豊富だ。毎日の生活でいつも、農業、漁業、畜産業の第一次産業の「命を育む産業」から人が「生きる(生かされる)」ことに「いただきます」と朝昼晩と唱える。そして「ごちそうさまでした」と、おいしく食べれた感謝が五感の栄養剤となりえます。北九州からのH様ご家族も、今日のディナーはせっかく宮崎に来たのだから、名物「チキン南蛮を食べてみよう♪」と出かけられた。「次回はゆすの木で、、、、。」も言えませんでしたが、【旨食は民泊にあり!】とゆすの木にある洞穴に向かって言ちゃいますね。ありがとうございました。
kita,hisamorisama1

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大きな幸福上げられへんけど小さな口福上げられる。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください