宮崎 コテージ ゆすの木(無ければ作ればいいのだ!!)

本を読める、この世の幸せ、あの世の鎮魂。梅雨の多い、室内作業、高い本棚、買うなら、作っちゃえ!料理長、壁をくり抜いて、又、手直し。毎夜の妄想は、破壊を描き、月読様に手を合わす。朝起きると神棚に手を合わす。何故か本棚が、自分の死の祭壇にも見えてきた。「くわばらくわばら」と、又、手を合わす料理長でした。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大きな幸福上げられへんけど小さな口福上げられる。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中